CLINIC医院紹介

  • bnr_tel_spimg.png
  • MAIL

医院紹介

診療コンセプト

患者さん一人ひとりに合った矯正治療を行います

当院は、患者さん一人ひとりに合った矯正治療を行っています。歯の長さやあごの骨の厚みは人それぞれですから、3DCTなどを使用して患者さんの口の状態をくわしく把握し、その方に適した矯正方法を考えます。

歯の角度など、矯正治療において良いとされる基準はありますが、それがすべての患者さんに当てはまるわけではありません。高級ブランドの服が、誰にでも似合うわけではないのと似ています。ですから、当院ではその人固有の理想をめざした矯正治療を行っているのです。

総合的な質の高さを追求しています

当院が考える理想的な矯正治療は、誰が見ても良いと思えるものです。
それは、歯並びのほかに口元の見映えも良く、歯があごの骨の中に無理なく収まってよく噛める状態を意味します。総合的な質の高さを追い求めて、日々、診療を行っています。

診療時間・アクセス

診療時間

診療時間
10:00~12:00
14:00~20:00

※月に1度は日曜日にも診療しています(12:00~17:00)。月ごとの診療日についてはお問い合わせください。
休診日:水曜日、日曜日、祝日

アクセス

西武鉄道拝島線「東大和市駅」より徒歩1分

住所 〒207-0014
東京都東大和市南街4-19-3カーサグランデ1F
TEL 042-590-3655

院長紹介

ごあいさつ

矯正治療は機能と審美性を高め、笑顔に自信を与えます

皆さん、初めまして。はやし矯正歯科クリニック院長の林弘明(はやし・ひろあき)です。当院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

矯正治療の目的は、歯並びを整えて、食べ物を噛む機能を高めることです。機能が高まれば、見映えも良くなります。さらに、笑顔に自信を持てるようになり、大きく口を開けて笑えるようになります。

当院では、患者さん一人ひとりに合った矯正治療を行っています。何かご不明な点がありましたら、ご遠慮なくご相談ください。スタッフ一同、ご来院をお待ちしております。

キャリア

1994年 明海大学歯学部 卒業
1994年~2000年 明海大学歯学部附属明海大学病院矯正歯科 勤務
2000年 はやし矯正歯科クリニック 開院

保有資格など

審査の厳しいJIO認定の専門医を保有しています

日本矯正歯科学会 認定医
日本矯正歯科協会(JIO) 専門医
東大和市歯科医師会 理事

日本矯正歯科協会(JIO)とは

矯正治療を専門とする歯科医師たち約500人が2002年に結成した一般社団法人で、国民が安心して矯正治療を受診できるシステムづくりに取り組んでいます。

当院は、この日本矯正歯科協会が認定する専門医を取得しています。認定試験は非常に厳しく、審査員は矯正歯科専門医のみではなく、他の分野の専門医や大学病院の教授、歯科医師会会長、弁護士など他の分野の方々も審査に加わっています。

専門医の認定基準
  • 矯正専従医としての経験が5年以上あること。
  • 100症例以上の矯正治療経験を持つこと。
  • 100症例の治療実績の中から審査委員に指定された5症例につき臨床能力評価を受け、合格すること。

診療の流れ

1.カウンセリング

患者さんのお悩みやご希望などをお聞きし、口の中を見させていただきます。

矢印
2.検査

患者さんの口の状態をくわしく調べていきます。当院ではレントゲン撮影のほか、患者さんの口を3次元で撮影できるCTも使用し、精密な検査を行っています。

矢印
3.説明・治療計画作成

カウンセリングや検査をもとに、患者さんの現在の状態やそれに合った治療方法をご提案します。治療にかかるおよその期間や費用、治療を行うことで噛み合わせや口元がどうなるかといった治療のゴールを共有します。

矢印
4.治療開始

患者さんのご理解が得られれば、治療を開始します。患者さんによっては、矯正装置をつける前にむし歯や歯周病の治療をしたり、抜歯をしたりすることもあります。

矢印
5.矯正装置の装着

個人差はありますが、矯正装置を装着したら約3~4週間ごとに通院していただきます。大人の矯正の場合は、およそ2年~3年かけて歯並びを正していきます。

矢印
6.保定・経過観察

歯並びが改善されたら、矯正した歯や骨格が元に戻らないよう、保定装置(リテーナー)をつけます。装置の装着時間は、歯科医師の指示のもと、徐々に短くしていきます。

矯正治療の種類

ブラケット矯正

歯の一つひとつの表側に金属製のブラケットをつけ、そこにワイヤーを通して歯を動かしていく方法です。

裏側ブラケット矯正

歯の一つひとつの裏側に金属製のブラケットをつけ、ワイヤーを通して歯を動かします。ブラケット矯正に比べて矯正装置は目立ちませんが、装着時の違和感は増します。

マウスピース矯正

透明なマウスピースをつけ替えながら、徐々に歯を動かしていく方法です。目立ちにくく、取り外すこともできますが、歯を大きく動かす場合などには向いていません。

矯正治療における工夫点

長年の経験を活かした、オーダーメードの矯正治療

ブラケット矯正の方法は主に、スタンダードエッジワイズ法と、ストレートワイヤー法の2種類がありますが、当院ではスタンダードエッジワイズ法を採用しています。

ストレートワイヤー法は、ワイヤーを通すブラケットに平均的な傾きがあらかじめ設定されていて、そこにアーチ状のワイヤーを通すだけで良いので、歯科医師からすれば手間がかからないのですが、患者さんがその平均的な設定に合うかどうかはわかりません。

その一方、スタンダードエッジワイズ法は、患者さん一人ひとりの歯に合わせてワイヤーを曲げていくため、オーダーメードな治療を行うことができます。スタンダードエッジワイズ法は高度な技術が必要ですが、院長は大学病院時代から一貫して矯正治療に従事してきたので、この方法を行い、よりよい治療効果を得ることができます。