CHILD子どもの矯正

  • bnr_tel_spimg.png
  • MAIL

治療を始める時期について

乳歯列期から混合歯列期の治療

子供の矯正治療は症状により治療を開始する時期がことなリます。早い時期に治療を行えば短期間に治療が終わり、すべてよい結果が得られるというわけではありません。

早い時期に治療を行うべき症状のある子供も多くいます。逆に早い時期に治療を行うべきではない症状や早い時期に治療を行ってもまったく意昧のない症状の子供もいます。いつどのタイミングで矯正治療を行うべきであるのかを見極めていくことが矯正歯科専門医の役目であると考えています。

早い時期に治療を行う目的や最終的な治療のゴールが何かを治療を受ける前に説明を受け治療の目的や必要性をよく理解してから治療を受けていただくことが大切です。

よく矯正の相談は何歳くらいがいいのですか?と聞かれることがありますが、相談するのが早すぎるということはありません。もっと早く相談すればよかったということにならないように気になったときにお気軽に矯正歯科へお越しください。
歯並びや咬みあわせの問題は歯の土台となるあごの形や大きさと切り離せないため、あごの成長段階にある幼児期から矯正歯科医が定期的に親察していくことが理想的です。

歯並びが悪くなる原因

お子さんの癖が歯並びを悪くする場合もあります

お母さん方のお子さんの歯への意識が高まり、むし歯が減っている一方で、歯並びの悪いお子さんが増えています。その原因の一つとして、お子さんの癖が挙げられます。例えば、舌は本来、上あごにぴったりとくっついている状態が理想なのですが、舌が落ちてしまっていると、反対咬合になりやすくなります。また、指しゃぶりも歯並びを悪くする一因です。
当院ではこうしたお子さんの癖を見つけて改善していくことで歯並びを正していく、総合的な矯正治療を行っています。

子どもの矯正治療は、保護者の協力も大切です

お子さんの矯正治療には、保護者様のご協力も大切です。矯正治療の一環として、お子さんの癖を直す時に、叱ってしまう方が多く見受けられますが、できないことを叱るのではなく、できたことに意識を向けて、褒めてあげてください。

例えば指しゃぶりを止めさせたいとき、しゃぶっているのを見つける度に注意するのではなく、しゃぶっていないときに「偉いねえ」と伝えることが大事です。お子さんも褒められるとうれしくなり、褒められたくて徐々に指しゃぶりの頻度が減っていくことも多いのです。

自宅で行う筋力トレーニング

お子さんの歯並びを良くする方法としては、癖を直すほか、口周りの筋力トレーニングも有効です。

筋力トレーニングは、舌や唇、顔の筋肉のバランスを正して、正しい舌の動かし方などを学び、習慣化していくものです。歯並びを良くするほか、治療後の後戻りを防ぐ効果も見込めます。

矯正中にむし歯になってしまったら

矯正治療は継続して行えるので、ご安心ください

「矯正治療中にむし歯になっても治療を続けられるのですか?」というご質問を受けることがありますが、ご安心ください。継続できます。

まず、矯正治療を行う前にむし歯のチェックをし、必要があればむし歯の治療を行った上で矯正治療を始めます。矯正中は歯磨きがしづらくなりますから、装置をつけた状態でのブラッシングの方法も十分にお伝えします。もし、それでも治療中にむし歯になった場合は、進行状況を見て処置をします。

また、治療前にむし歯があった場合でも初期であれば、矯正をして歯を動かしてから治療することで、歯を削る量を減らせることもあります。