ADULT大人の矯正

  • bnr_tel_spimg.png
  • MAIL

大人が矯正治療を行うメリット

噛む機能が高まり、見映えも良くなります

矯正治療について、子どもが受けるものというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、そうではありません。
大人になってからも矯正治療を行うことは可能で、当院には30~60代の方もたくさんいらっしゃいます。

大人が矯正治療を行うメリットは、噛む機能を高められることです。機能が向上するとともに、結果的に見映えもよくなります。

悪い歯並びを放置するリスク

むし歯や歯周病にかかりやすくなります

歯並びが悪いと歯ブラシが歯の隅々まで届きにくくなり、食べかすや歯垢が同じ場所にたまり、むし歯や歯周病の発症リスクが高まります。むし歯と歯周病は、歯を失う原因の約70%を占めます。

歯並びを正すことは噛む機能と審美性を高めるほか、歯ブラシがしやすい環境を整え、むし歯や歯周病を予防する効果も見込めます。

よくあるお悩み

多くの患者さんが治療後、噛み合わせの大切さを実感されます

当院の患者さんの半分は、下記のように見た目の悪さを気にされて相談にいらっしゃいます。
残りの半分の方は他院から噛み合わせの悪さを指摘され、矯正治療を専門とする当院を紹介された方です。

悪い歯並びを良くしたい
口元をきれいにしたい
歯が出ていて、気になる
歯がでこぼこしている
歯と歯が重なっている

患者さんの多くは最初、噛み合わせの機能面についての関心は低いのですが、治療を受けることでその大切さを実感する方がたくさんいらっしゃいます。
「初めて前歯でラーメンを噛み切ることができた!」「今まで噛めていなかったことがよくわかった」などと喜ばれます。

抜歯について

精密な検査を行い、抜歯するかしないかを検討します

矯正治療を行う際、抜歯をするかしないかについては、十分にその必要性を見極めた上で選択をします。「歯を抜かずに並べることが良いこと」と考える歯科医院もありますが、抜歯をせず無理に歯を並べることで歯が前方に出てしまうこともあります。

当院では患者さんの口の中を立体的に撮影できるCTを活用し、詳しく状態を把握して判断します。

治療計画について

患者さんのお悩みをお聞きし、治療のゴールをご説明します

当院では患者さんのお悩みや、矯正治療に何を望んでいるかを十分にお聞きし、総合的に質の高い矯正治療で、満足感を得られるためにはどうすれば良いかを考えた上で、現在の治療の問題点や改善点、治療のゴールを丁寧にご説明しています。

矯正方法の選び方

治療の先々を予測して、適切な方法をご提案します

当院では歯の表側に矯正装置をつけて歯を動かす矯正方法と、裏側に矯正装置をつける方法、マウスピースをはめて歯を動かす方法の3種類の矯正治療を行っていますが、どの方法が良いかは患者さんの口の状態やご希望などによって異なります。

それぞれの方法でどこまで歯を動かせるかといった予測もしながら、その方の症状に合った方法をご提案します。